医療費助成と交通費割引の署名活動~ご協力のお礼と報告~

 この1年間にわたり、2つの署名活動にご協力いただき有難うございました。
 署名活動のまとめと結果について報告させていただきます。
○国会への請願署名(白色の署名用紙):交通運賃割引
  JRや大手民営鉄道などの交通運賃について、身体障害者・知的障害者と同様に、
 精神障害者に対しても割引を求めた署名です。これについては、全国的な課題として、
 みんなねっと(全国精神保健福祉会連合会)が呼びかけて各都道府県連合会でも取り
 組みました。
  今年5月中旬に集約を行い、大阪では2万855筆、全国では62万3千筆となり
 ました。この署名は、5月下旬に、衆議院及び参議院の国土交通委員会に持ち込まれ
 ましたが、審議未了(不採択)となりました。
  みんなねっととしては、今回は不採択となったが、初めて国会請願活動ができたこ
 と、多くの国会議員(約170名)に紹介議員となってもらったことなどを評価し、
 引き続き来期につないで行きたいとしています。
○大阪府知事への請願署名(緑色の用紙):医療費助成と交通運賃割引
  大家連では、数年前から、精神障害者に対する医療費助成と交通運賃の割引を「重
 点課題」と位置づけ、大阪府知事あての要望を重ねてきました。
  そして一昨年は、大阪府議会へ「医療費助成と交通運賃割引に関する請願」を提出
 し、全会一致で採択されました。しかし、なかなか実現には至っておりません。
  そこで、国会への請願と並行して、大阪府知事への請願に取り組みました。この署
 名活動は、6月一杯で終了し、1万8604筆となりました。
  今年度は、この署名をバックにして、「医療費助成と交通運賃割引の精神障害者へ
 の適用」の実現を目指したいと、大家連会長は、総会で述べていました。
  医療費助成については、大阪府においても「福祉医療費助成制度に関する研究会」
 において検討が重ねられ、精神障害者も重度障害者医療の対象として拡大すべきとの
 報告も出されています。精神障害者の適用範囲をどうするのか、財源をどうするのか
 など、今後の検討課題は多いようです。