"最新ニュース" の一覧

12月11日開催「近畿ブロック家族の集い」の講演動画の再生リスト

2021年度 大家連精神保健福祉講座② 12月11日開催 「近畿ブロック家族の集い」の講演動画の再生リスト →こちらからご視聴ください(☆youtube動画へのリンクはこちら☆) 【みんなねっと 家族の集いin大阪 2021年12月11日】 「考えよう 新たな精神保健医療福祉~大和川病院事件、神出病院事件を検証する~」  大阪では精神科での人権侵害の起こった大和川病院事件から29年が月日が経過ようとしています。 コロナ禍の2020年3月に、兵庫県神戸市の神出病院にて入院されている患者に対しての虐待事件が 発生し世間をにぎわせました。 大和川病院事件の反省から現在に至るまで精神科の医療・福祉の改善はどのように進んできたのでしょうか。 私たちはこの現状をどのように考え、これからも取り組んで行けば良いのか一緒に考えていきましょう。 【主催】 公益社団法人全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと) 公益社団法人大阪府精神障害者家族会連合会(だいかれん) 【共催】 公益社団法人京都府精神保健福祉推進家族会連合会 NPO法人滋賀県精神障害者家族会連合会 公益社団法人兵庫県精神福祉家族会連合会 NPO法人奈良県精神障害者家族会連合会  和歌山県精神障害者家族会連合会

報道各社の皆さま(大阪市北区心療内科クリニック 放火殺人事件報道について)

報道各社の皆さま 「大阪市北区心療内科クリニック 放火殺人事件報道についてのお願い」 12月17日に大阪市北区の雑居ビル内のクリニックで25人の方が命を落とされた放火殺人事件の報道にふれて、犠牲者の方々がどれほど無念であったか、ただご冥福をお祈りするばかりです。 【地域の当事者・家族の思いにご理解を】 事件報道の直後から、精神障害者を持つ家族や当事者から次々と不安と心配の声が寄せられてきました。 「通院歴があると報道されるだけで身の縮む思いだ。怖くてテレビをつけられない。」「自分たちはいつか怖いことをする人たちだとおもわれる。」などの動揺が伝わってきました。 昨今は精神疾患と障害を理解するための好意的な取材による番組が制作されるなど、以前より社会的な理解も進みつつあります。 ですが、精神疾患と事件のつながりの報道のたびに、前に進み始めた流れが逆流し、当事者や家族は「やっぱり地域にいるのでなく入院していてくれないと。」という無言の圧力を感じて辛く緊張してひっそり暮らすことを余儀なくされてしまいます。当事者たちの病状を左右してしまうことにもなりかねません。肩身の狭さで精神障害者や家族が追い詰められることがあってはなりません。 つきましては以下について、切にお願い申し上げます。

みんなネット 家族の集い in 大阪

「考えよう 新たな精神保健医療福祉~大和川病院事件、神出病院事件を検証する~」 大阪では大和川病院事件から29年 昨年は、神戸市で神出病院事件が発生 精神科の医療・福祉の改善は進んだのでしょうか。 私たちはこの現状をどう考え、どのように取り組んで行けば良いのか一緒に考えましょう ○日時:12月11日(土)  13:30~16:30 Zoomウェビナー開催  定員:300名 ○プログラム 第1部「講演」 13:40~14:40 「大和川病院事件、神出病院事件を考える」・・有我譲慶氏(大阪精神医療人権センター理事、看護師) 「精神保健医療福祉の改善に向けて:兵家連の取組み」・・・新銀輝子氏(兵家連会長) 「みんなねっと:精神科医療への提言について」・・岡田久美子氏(みんなねっと理事長) 第2部「シンポジューム」 14:50~16:20 ・シンポジスト : 有我譲慶氏(大阪精神医療人権センター理事) ・シンポジスト : 新銀輝子氏(兵家連会長) ・シンポジスト : 岡田久美子氏(みんなねっと理事長) ・司会&シンポジスト:大野素子氏(大家連副会長) 質疑応答 滋賀。京都・奈良・和歌山各府県会長から 申し込み:①名前 ②郵便番号 住所 ③電話番号 ④メールアドレスを明記の上      大家連宛にメールでお申し込みください。 大家連メールアドレス  info@daikaren.org 締め切り 11月30日(土) 問い合わせ:大家連事務局 06-6941-5797 ZOOMウェビナー参加のURLを11月25日よりメールでお知らせします。 当日は、13時頃よりURLをクリックしてご参加ください。 当日資料は大家連より11月29日より順次発送させていただきます。

大家連精神保健福祉講座 圏域交流会 ZOOMセミナーのお知らせ

コロナ感染拡大がひとまず落ち着いてきましたが、今後更に第6派も懸念されております。 それらのウイズコロナの状況下で大家連精神保健福祉講座や他団体の講演等も全てオンラインとなり、今後更にオンラインコミュニケーションツールのZOOM(パソコンやスマホを用い会議や講演ができるアプリ)を多用していくことになると考えられます。オンラインを使って時代に合わせた活動を行う力を身に着ける必要があります。そのため今年度の圏域交流会は「ZOOM使用法セミナー」(ホストのセミナーも可)を各家族会で実施する事になりました。ZOOMの使い方をゆっくり一緒に学んでいきましょう。              (1)開催日時・・・・・・講師とそれぞれの家族会間で調整 (2)開催場所・・・・・・Wi-Fi環境のある会場を各家族会と大家連で協議し準備 (3)講師・・・・・・・・・・NPO法人きんきうぇぶ 、コーポラティーバまいど          (4)参加費・・・・・・・・無料 (5)講習時間・・・・・・120分(途中休憩あり) (6)参加人数・・・・・・1回につき5~6名(7名以上の場合は講師2名) (7)手引書・・・・・・・・パワーポイント図(無料) (8)参加者・・・・・・・・ノートパソコンかスマートフォンかタブレットを当日持込み可能です。Zoomの使い方をご存じでない方が使えるようになってもらいたいことが目的です。安心してご参加ください。 (9) 実施期間・・・・・予算終了時点で終了します。(早い者勝ちです) (10)講義の仕方・・・モバイルディスプレイまたはプロジェクターを設置し、講師がパソコン上で操作する内容を受講者が目視できる状態で指導を行います。     ・資料を用いて説明を行います。     ・参加者が所持しているノートパソコンやスマホを操作しながら基本操作を学ん でもらえるよう行います。 (11) ホストセミナー・・・ZOOMホスト(ZOOMの主催者)になるためのセミナーをご希望の家族会さんは別途ご相談ください。 (12)申し込み・・・・・・・・info@daikaren.org

2021年度 大家連精神保健福祉講座④

2021年10月19日に予定していた、 *** 2021年度 大家連精神保健福祉講座④ テーマ:精神医療を正しく理解するための教育の必要性について *** は、来年度に延期することになりました。

2021年度 大家連精神保健福祉講座③

2021年度 大家連精神保健福祉講座③ テーマ:発達障害とは何か、共に暮らすために            〜発達障害と精神障害〜 ○日時:2021年(令和3年)8月21日(土曜日) 13時30分〜16時(13時開場) →延期になりました。 ○日時:2021年(令和3年)10月23日(土曜日)             14時00分〜15時30分 ○講師:東京大学名誉教授・昭和大学発達障害医療研究所             所長 加藤  進昌 氏   ZOOMウェビナーで開講 詳細は下記パンフレットをご覧ください。

2021年度 大家連精神保健福祉講座②「8050問題を考える」

2021年度 大家連精神保健福祉講座② 池上氏講演会「8050問題を考える」 【全講演】 大阪府精神障害者家族会連合会のYouTubeチャンネル (下記のリンクより、チャンネル登録もできます) 【前半】 【後半】 【質疑応答】

早期ワクチン接種の緊急要望

大阪府知事 吉村 洋文殿 大阪市長     松井 一郎殿 堺市長         永藤 英機殿 各市町村長 殿 大阪府精神科病院協会 会長 大阪精神科診療所協会 会長 宛に、 地域の在宅精神障害者への早期ワクチン接種の緊急要望を提出しました。