"daikaren" の一覧

「地域で暮らすための支援」~制度を使わなくてもここまでできる一人暮らし~

<講師からのメッセージ>  不動産屋のおばちゃんのざっくばらんなお話。一人暮らしのポイントは、医療や福祉のサービスを利用しながら生活すること。親亡き後は、一人暮らしを余儀なくされます。だとすれば、親が元気なうちから一人暮らしを始めてみるのも一つの方法です。岡山で450人もの精神障害者の方たちにアパートやマンションを提供している不動 産屋さんと一緒に一人で暮らす方法を考えます。大阪における居宅支援事業を進めているフィールドから、「地域社会にて長く住んで頂くための支援とは~訪問看護師の役割~についてお話します。地域社会における在宅医療サービスを通じて安全、安心、快適な生活環境を創造し、人々のライフプランに貢献するために訪問看護師をさせて頂いております 【日 時】2015年(平成27年)6月14日(日)  13:30~16:30 (13:00受付) 【場 所】アネックス パル法円坂 5階パレストラ 【テーマ】「地域で暮らすための支援」~制度を使わなくてもここまでできる一人暮らし~ 【講 師】阪井ひとみ氏 阪井土地開発株式会社 代表取締役      厚労省長期入院精神障害者の地域移行に向けた具体的方策に係る検討会作業チーム委員      植田知恵子氏 フィールド居宅事業本部 取締役 【会場図】アネックスパル法円坂(旧 大阪市立中央青年センター) TEL06-6943-5021      <申し込み不要。時間厳守> どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。お問い合わせは 大家連事務局まで TEL:06-6941-5797    

「家族会活動と家族学習会」 ~家族会が地域の貴重な社会資源であるために~

2015年度第1回講座のご案内 <講師からのメッセージ>    家族会の大切な役割の一つは、家族の孤立を防ぎ、必要な情報を提供し、『地域で生きていくこと』を応援・支援することです。「家族による家族学習会」は、この家族会の役割を効果的に実践するために考えられました。このプログラムを活用し、1人でも多くの家族の支援に役立てていただきたいと思います。 【日 時】2015年(平成27年)5月30日(土)13:30~16:30 (13:00受付) 【場 所】アネックス パル法円坂  5階パレストラ 【テーマ】「家族会活動と家族学習会」      ~家族会が地域の貴重な社会資源であるために~ 【講 師】埼玉県精神障害者家族会連合会 副会長 岡田久実子      NPO法人千葉県精神障害者家族会連合会 副理事長 貫井信夫氏 【会場図】アネックスパル法円坂(旧 大阪市立中央青年センター) TEL06-6943-5021      <申し込み不要。時間厳守> どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。お問い合わせは 大家連事務局まで TEL:06-6941-5797    

「病棟転換型居住系施設」 について考える会・大阪

厚生労働省は、精神科病棟の一部をグループホームなどの「居住系施設」に転換しようとしています。病棟の看板を書き換えることで、医療施設から福祉施設に転換させ、統計上の精神科病床数、入院患者数を減らそうとしているのです。 6月26日に東京で開催された「緊急集会」には、全国から当事者、家族、関係者等3200人が集い、「病棟転換型居住系施設」に反対する意思を表明し、厚生労働省への申し入れを行いました。集会以後、地方紙の社説でこの問題が取り上げられるようになってきています。ここ大阪において、改めてこの問題について当事者たちの意見を聞きながら共に考え、意見表明することが重要です!皆さん、お誘い合わせのうえ、お気軽にご参加ください。 日時:2014年10月3日(金)13:30~16:30 会場:市民交流センターひがしよどがわ     ■基調講演「病棟転換型居住系施設の本質と問題点」      長谷川利夫氏(杏林大学教授、病棟転換型居住系施設について考える会呼びかけ人)      大阪からの報告 大阪からの報告 山本深雪氏(大阪精神障害者連絡会・NPO大阪精神医療人権センター) 辻井誠人氏(大阪人間科学大学教授)      リレートーク 長期入院体験者・家族・関係者の思い ■参加費:無料 参加申込は不要です ■主催「病棟転換型居住系施設について考える会・大阪」実行委員会(下記4団体) 大阪精神障害者連絡会(ぼちぼちクラブ)/公益社団法人大阪府精神障害者家族会連合会(大家連) NPO法人全国精神障害者地域生活支援協議会(あみ)/NPO大阪精神医療人権センター ■後援 社会福祉法人精神障害者復帰促進協(ふっきょう)/大阪障害フォーラム(ODF)

みんなねっと石川大会の申込期間を延長します。

案内パンフレットでは、9月2日を締め切りとしておりましたが、 申し込み延長いたします。 申し込み書は、みんなねっとHPからダウンロードできます。 ※当日のお申し込みも可能ですが、懇親会や宿泊先など、事前に申し込みが必要なものもありますので、ご注意ください。

寄付金のお願い

当法人は、公益目的事業として「精神障害者とその家族に対する精神保健福祉に関わる知識の普及及び啓発」を掲げております。 大阪府下の精神障害者約15万人余(自立支援医療費受給者13.9万人、入院患者数1.7万人)からすると、非常に弱小の団体でありますが、多数の当事者、家族の福祉と医療の向上に向けて、一層の努力を決意しています。 当会の活動は、皆さんの会費を主な税源としていますが、より充実した活動を行えるよう、ぜひ当会の活動の趣旨にご賛同いただき、ご寄付くださいますようお願いいたします。  公益社団法人への寄付については、税制上の優遇措置があります。受領証をお届けしますので、確定申告など、手続の際にご使用ください。ご理解、ご支援のほどよろしくお願いいたします。 <ご寄付の方法> 下記口座にご入金ください。 郵便振込 00970-4-72221*通信欄に「寄付」とご記入ください。 加入者  公益社団法人 大阪府精神障害者家族会連合会

2014年度総会を5月17日開催

 5月17日(土)、2014年(平成26年)度定期総会を開催しました。正会員49家族会のうち、29家族会が出席、13家族会が委任状を提出して、総会は成立しました。 大阪府、大阪市から各2名の来賓を迎え、活発な議論の中で午前中2時間にわたる総会は終了しました。「定期総会議案書」 引き続き午後は、家族会代表者会議を開催しました。

4月1日から「公益社団法人」へ移行

当法人は、平成26年3月19日、大阪府知事から公益社団法人として認定され、諸手続きを経て、4月1日から公益社団法人へ移行しました。 当法人は、公益目的事業として「精神障害者とその家族に対する精神保健福祉に関わる知識の普及及び啓発」を掲げております。 今後とも、精神保健福祉講座、電話相談事業、だいかれん誌の発行等を通じて、上記公益目的の充実、拡大を図ってまいりますので、引き続き皆様のご支持、ご支援をよろしくお願いいたします。 また、公益社団法人への寄付については、税制上の優遇措置が講じられます(ほぼ非課税となります)ので、ご理解、ご支援のほどよろしくお願いいたします。