"精神保健福祉講座" の一覧

大家連精神保健福祉講座⑦(2018/11/19)

大家連精神保健福祉講座⑦【日時】2018年11月19日(月)13:30~16:30   【場所】アネックスパル法円坂 7階なにわのみやホール(定員250名)【内容】「夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年」映画上映と講演【講演】監督 今井友樹氏    ・映画製作の経過とこの映画への思い    ・映画製作での苦心談    ・精神保健福祉に関する行政への要望  など    撮影 小原信之    編集 古賀陽一     プロデューサー 中橋真紀    ナレーション 竹下景子どなたでも参加できます。問い合わせ先 大家連事務所 TEL 06-6941-5797

大家連精神保健福祉講座 ⑥(2018/11/4)

大家連精神保健福祉講座 ⑥【日 時】2018年(平成30年)11月4日(日)     13:30~16:30 (13:00受付)【場  所】 エルおおさか  6階大会議室【テーマ】「精神障害者・家族 それぞれの自立」【講  師】精神科医 白石 弘巳先生          埼玉県済生会鴻巣病院 副院長          元 東洋大学ライフデザイン学部教授どななたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。<申し込み不要 時間厳守でお越しください。>TEL06-6941-5797

大家連精神保健福祉講座⑤(2018/10/7)

 大家連精神保健福祉講座⑤日 時  2018年(平成30年)10月7日(日)  13:30~16:00 ( 13:00受付 )場 所  アネックスパル法円坂   6階12号室 テーマ 「 介護をする介護者の支援の必要性 」   講演   日本福祉大学 社会福祉学部 湯原悦子 氏

大家連精神保健福祉講座④(2018/9/22)

大家連精神保健福祉講座④ 日 時  2018年(平成30年)9月22日(土) 13:30~16:00 (13:00受付) 場 所  アネックスパル法円坂   6階12号 テーマ 「精神保健福祉法が変る?誰のため?何のため?」 講演  東京アドヴォカシー法律事務所所長 弁護士 池原毅和氏 <講演内容> 精神医療、福祉、家族の役割などに関する法制度の運用が変ろうとしています。 法制度の変更は私たちにとって遠いことでなく、明日からの日常を変えることになります。 この際「地域であたり前に暮らす」ために、 精神保健福祉法についてしっかり知っておきましょう。 どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。 問い合わせ 電話 06-6941-5797

【終了】大家連精神保健福祉講座③(2018/8/19)

大家連精神保健福祉講座③ 【日 時】  2018年(平成30年)8月19日(日) 13:30~16:30 (13:00受付) 【場 所】  アネックスパル法円坂 6階12号室(別室11号) 【テーマ】 「みんなで支える薬物治療」 《第1部》 講演 13:30~14:40 講師 阪本病院 薬剤師 岩井 礼子 先生 《第2部》 お薬相談会 14:50~16:00 大阪府精神科病院薬剤師委員会委員9名(予定です) 阪本病院 岩井 礼子先生  水間病院 池内 治平先生   阪南病院 野村 久美先生さわ病院 谷水 知美先生 光愛病院 高田 雅人先生  七山病院 宮原 佳希先生七山病院 本多 智子先生大阪大学医学部附属病院 麻那古信之先生 大阪精神医療センター 四方 佳美先生 詳しくは↓の画像をクリック 事前申し込み先着40名。申込書↓でFAX送信お願い

【終了】大家連精神保健福祉講座②(2018/7/28)

大家連精神保健福祉講座② 【日時】2018年(平成30年)7月28日(土) 13:30~16:00(13:00受付) 【場所】アネックスパル法円坂 6階12号室 【テーマ】「地域で暮らす試行錯誤」~住まいをめぐって~ 【講演】日本福祉大学 教授  青木聖久先生 【体験発表】大阪市東住吉区在住家族 大阪市阿倍野区在住家族

【終了】平成30年度大家連精神保健福祉講座①

大家連精神保健福祉講座① 日 時  2018年(平成30年)6月2日(土) 13:30~16:30 (13:00受付) 場 所  アネックスパル法円坂   なにわのみやホール テーマ 「精神医療・最新の診断と治療の考え方」 第 1 部 13:30-14:50 単一精神病論 第 2 部 15:00-16:10 抗精神病薬のリバウンドと過感受性精神病 質疑応答 16:10-16:30 講演  大阪精神医学研究所 新阿武山病院 大阪医科大学 神経精神医学教室 精神科医         菊山 裕貴先生

『地域で自分らしく生きる』

日時  2月17日(土)13:30~16:00 講師  コーディネーター 桃山学院大学 栄セツコ氏(未定) 当事者 3名 場 所  アネックス パル法円坂  5階パレストラ テーマ  「地域で自分らしく生きる」 ~当事者の体験を通してわかること~

【終了】『イタリア精神医療改革』

日時  1月13日(土)13:30~16:00 (13:00受付) 講師  フリージャーナリスト 大熊一夫氏 会場  ドーンセンター大会議室 講師からのメッセージ 精神病院の居心地は、良くて修道院、悪けりゃ監獄以下です。嘘だと思われる方は、大阪精神医療人権センターの過去20年間の活動報告を読んでください。しかし世界を眺めれば、精神病院に頼らない国、頼らない町が存在します。例えばイタリア・トリエステは38年前に精神病院を完璧にやめて、以来、地域精神保健サービスを実践しています。牢屋型治療装置なんかいらないのだ、という事をぜひ知ってください。