"最新ニュース" の一覧

「地域で暮らすための支援」~制度を使わなくてもここまでできる一人暮らし~

<講師からのメッセージ>  不動産屋のおばちゃんのざっくばらんなお話。一人暮らしのポイントは、医療や福祉のサービスを利用しながら生活すること。親亡き後は、一人暮らしを余儀なくされます。だとすれば、親が元気なうちから一人暮らしを始めてみるのも一つの方法です。岡山で450人もの精神障害者の方たちにアパートやマンションを提供している不動 産屋さんと一緒に一人で暮らす方法を考えます。大阪における居宅支援事業を進めているフィールドから、「地域社会にて長く住んで頂くための支援とは~訪問看護師の役割~についてお話します。地域社会における在宅医療サービスを通じて安全、安心、快適な生活環境を創造し、人々のライフプランに貢献するために訪問看護師をさせて頂いております 【日 時】2015年(平成27年)6月14日(日)  13:30~16:30 (13:00受付) 【場 所】アネックス パル法円坂 5階パレストラ 【テーマ】「地域で暮らすための支援」~制度を使わなくてもここまでできる一人暮らし~ 【講 師】阪井ひとみ氏 阪井土地開発株式会社 代表取締役      厚労省長期入院精神障害者の地域移行に向けた具体的方策に係る検討会作業チーム委員      植田知恵子氏 フィールド居宅事業本部 取締役 【会場図】アネックスパル法円坂(旧 大阪市立中央青年センター) TEL06-6943-5021      <申し込み不要。時間厳守> どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。お問い合わせは 大家連事務局まで TEL:06-6941-5797    

「家族会活動と家族学習会」 ~家族会が地域の貴重な社会資源であるために~

2015年度第1回講座のご案内 <講師からのメッセージ>    家族会の大切な役割の一つは、家族の孤立を防ぎ、必要な情報を提供し、『地域で生きていくこと』を応援・支援することです。「家族による家族学習会」は、この家族会の役割を効果的に実践するために考えられました。このプログラムを活用し、1人でも多くの家族の支援に役立てていただきたいと思います。 【日 時】2015年(平成27年)5月30日(土)13:30~16:30 (13:00受付) 【場 所】アネックス パル法円坂  5階パレストラ 【テーマ】「家族会活動と家族学習会」      ~家族会が地域の貴重な社会資源であるために~ 【講 師】埼玉県精神障害者家族会連合会 副会長 岡田久実子      NPO法人千葉県精神障害者家族会連合会 副理事長 貫井信夫氏 【会場図】アネックスパル法円坂(旧 大阪市立中央青年センター) TEL06-6943-5021      <申し込み不要。時間厳守> どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。お問い合わせは 大家連事務局まで TEL:06-6941-5797    

地域で自分らしく生きる

【日時】2014年(平成26年)12月13日(土)13:30~ 【場所】アネックスパル法円坂 【テーマ】地域で自分らしく生きる 【講 師】コーディネーター 桃山学院大学栄セツコ氏 【会場図】アネックスパル法円坂(旧 大阪市立中央青年センター) TEL06-6943-5021      <申し込み不要。時間厳守> どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。お問い合わせは 大家連事務局まで TEL:06-6941-5797    

「睡眠障害」の対処法と治療

【日時】2014年(平成26年)11月8日(土)13:30~ 【場所】エル大阪 606号室 【テーマ】「睡眠障害」の対処法と治療 【講 師】阪南病院 院長黒田健治氏      <申し込み不要。時間厳守> どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。お問い合わせは 大家連事務局まで TEL:06-6941-5797    

成年後見制度を知る 活動支援の実際

【日時】2014年(平成26年)11月1日(土)13:30~ 【場所】エルおおさか 709号室 【テーマ】成年後見制度を知る 活動支援の実際 【講 師】大阪後見支援センター 堤添隆弘氏 司法書士 佐田泰典氏 <申し込み不要。時間厳守> どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。お問い合わせは 大家連事務局まで TEL:06-6941-5797    

発達障害のある人が安心できる居場所とは

<講師からのメッセージ> 発達障害のある大人の人にとって必要な支援とは、その中で特に当事者同士の支え合いの意義や、どのような居場所が必要か、サロンなどの交流の場で大事なことなどをお話します。 【日時】2014年(平成26年)10月4日(土)13:30~ 第1部 13:30~13:55 オープニング ムーブセラピー 川岸恵子氏 第2部 14:00~16:30 広野氏講演 【場所】アネックスパル法円坂 3階1号室 【テーマ】発達障害のある人が安心できる居場所とは 【講 師】NPO大人の会代表 広野ゆい氏 【会場図】アネックスパル法円坂(旧 大阪市立中央青年センター) TEL06-6943-5021      <申し込み不要。時間厳守> どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。 お問い合わせは大家連事務局まで TEL:06-6941-5797    

「病棟転換型居住系施設」 について考える会・大阪

厚生労働省は、精神科病棟の一部をグループホームなどの「居住系施設」に転換しようとしています。病棟の看板を書き換えることで、医療施設から福祉施設に転換させ、統計上の精神科病床数、入院患者数を減らそうとしているのです。 6月26日に東京で開催された「緊急集会」には、全国から当事者、家族、関係者等3200人が集い、「病棟転換型居住系施設」に反対する意思を表明し、厚生労働省への申し入れを行いました。集会以後、地方紙の社説でこの問題が取り上げられるようになってきています。ここ大阪において、改めてこの問題について当事者たちの意見を聞きながら共に考え、意見表明することが重要です!皆さん、お誘い合わせのうえ、お気軽にご参加ください。 日時:2014年10月3日(金)13:30~16:30 会場:市民交流センターひがしよどがわ     ■基調講演「病棟転換型居住系施設の本質と問題点」      長谷川利夫氏(杏林大学教授、病棟転換型居住系施設について考える会呼びかけ人)      大阪からの報告 大阪からの報告 山本深雪氏(大阪精神障害者連絡会・NPO大阪精神医療人権センター) 辻井誠人氏(大阪人間科学大学教授)      リレートーク 長期入院体験者・家族・関係者の思い ■参加費:無料 参加申込は不要です ■主催「病棟転換型居住系施設について考える会・大阪」実行委員会(下記4団体) 大阪精神障害者連絡会(ぼちぼちクラブ)/公益社団法人大阪府精神障害者家族会連合会(大家連) NPO法人全国精神障害者地域生活支援協議会(あみ)/NPO大阪精神医療人権センター ■後援 社会福祉法人精神障害者復帰促進協(ふっきょう)/大阪障害フォーラム(ODF)

家族が求める家族支援~体験を通して語る経験交流会~

<大家連からのメッセージ> 昨年の大阪大会で「家族はどんな支援を求めているか」論議されました。 ①本人や家族のおかれている状況を理解してほしい。②必要な情報提供をしてほしい。 ③家族の相談を受け、確実に支援やサービスにつなぐ支援をほしい。 ④本人が不安定になったときの緊急支援がほしいなど意見が出ました。 「求める支援を家族は積極的に発言していきましょう」 という発言がありました。 それを受けて大阪の家族も積極的発言していこうと企画しました。多数の参加者発言を期待します。 【日時】2014年(平成26年)9月23日(祝)13:30~ 【場所】アネックスパル法円坂 3階1号室 【テーマ】家族が求める家族支援~体験を通して語る経験交流会~ 【講 師】コーディネーター日本福祉大学青木聖久氏 家族数名 【発言者】ネットワークをいかして生きる 児島進子氏      姉妹の立場から 服部愛子氏      合併症の苦悩を乗り越えて 林信子氏      家族が元気になる活動を 川辺慶子氏 【会場図】アネックスパル法円坂(旧 大阪市立中央青年センター) TEL06-6943-5021      <申し込み不要。時間厳守> どなたでも参加していただけます。ご家族や当事者の方もお気軽にご参加ください。お問い合わせは 大家連事務局まで TEL:06-6941-5797